見出しがはいります

新商品開発に際して必要となる市場調査をはじめ、見込客へのフォロー、疎遠客の掘り起こしなどの営業戦略を、テレマーケティング活用により強力にサポートしています。

  売上アップ  業務改善

【事例 1】 新分野進出に際する市場性調査の事例

課題

  • 新分野への進出を実現したい。
  • 顧客のニーズそのものが分からない。
  • 実態調査の具体的な方法が分からない

成果

  • 4日間の短期間で、目標の150サンプルを獲得できた。
  • 電話調査により、ローコスト・短期間で調査が完了した。
  • ニーズや購入プロセス、地域ごとの商習慣などをダイレクトに把握できた。

■ 課題

某大手家電メーカー様では、新規にヘルスケア分野に進出することになり、診療所向けソリューションの開発を行うことになりました。しかし、それまで診療所向けの商材・サービスを手がけた経験がなく、実態調査を含め、どのような活動をすればよいか分からず困っておられました。

■ アプローチ及び成果

アイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、地域によって診療所のニーズが異なると考え、県単位で診療所のリストを抽出・作成。約20項目の設問に対し、電話でのヒアリング調査をご提案しました。
診療所が休憩される時間帯に合わせテレコミュニケーターを集中的に配置して架電した結果、4日間という短期間で、目標の150サンプルを獲得しました。
さらに、設問に対する回答はもちろん会話など定性的な内容も含めて傾向を分析し、結果を報告書にまとめて提出。このように集計データだけでなく、その分析を行い、今後の営業展開について提言もさせていただくことで、クライアント様の手間と時間を大きく省力化することができました。

・ページの先頭へ戻る

  売上アップ  業務改善

【事例 2】 過去問合せ顧客および疎遠客の関係復活の事例

課題

  • 過去接点のあった顧客のリストを活用したい。
  • 従来大手企業が中心だったため、中堅企業とのリレーションシップを構築したい。
  • 中堅企業の顧客を効率的かつ継続的に営業戦略の上で確保したい。

成果

  • 電話とWEB、メールを使ったCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)を確立できた。
  • 見込顧客を掘り起こし、定期的なフォローを行えるようになった。
  • 売上が18%アップし、大型案件も多数成約した。

■ 課題

某大手水処理装置メーカー様では、製品の特性上、長年大手企業を中心とした営業活動を展開されており、中堅企業とのリレーションシップが薄くなりがちでした。そこで、過去にインターネットや電話で問合せのあった顧客、以前取引があった顧客に対して、リレーションシップを再構築するしくみ作りが課題になっていました。

■ アプローチ及び成果

アイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、クライアント様から同プロジェクトの全面的な委託を受け、顧客の掘り起こしに取り組みました。水処理に対するさまざまな相談を無料で受け付ける専用電話窓口を開設するとともに、会員専用WEBサイトを立ち上げ、メールマガジンを発行。あわせて、WEBサイトに専用フォームを設け、過去に問合せや名刺交換などで接点のあった約3000社に対しメールとテレマーケティング(アウトバウンド)により会員登録を呼びかけました。
その結果、電話での案内に対し、26.5%がサイト会員登録。電話相談の受付により顧客のニーズの把握が可能となった他、具体的な商談にも発展し、売上が18%アップしました。その中から、億単位に上る大型案件の成約も多数行われています。

・ページの先頭へ戻る

  売上アップ  業務改善  コスト削減  アウトソーシング

【事例 3】 ソフトウェア開発時における市場調査の事例

課題

  • 市場調査をしたいが、方法が分からない。
  • どの業種をターゲットにすればよいか不明である。
  • 競合する同業他社の動向を知りたい。

成果

  • 電話調査により、市場のニーズの有無を知ることができた。
  • 同業他社の動向が明確に把握することができた。
  • 発売時期を検討する際の大きなヒントを得ることができた。

■ 課題

ある大手ソフトウェアメーカー様では、新しい法律の施行を控え、それに対応した文書管理システムを開発する運びになりました。しかし、どの業種やどのターゲット向けに開発したらよいか、また同業他社はどのような動きをしているのかという情報が全くなかったため、市場調査を当社にご依頼いただきました。

■ アプローチ及び成果

アイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、企業データベースにより同商品に対してニーズがあると考えられる規模・業種の企業を抽出し、電話調査を実施。さらに、競合他社には調査員による訪問調査を行いました。
その結果、想定していたターゲット企業では、「今すぐの需要はなく、法律が施行されてから検討する」という声か多く、また、競合他社も同様のシステム開発に力を入れている企業とそうでない企業が明確に判明し、発売のタイミングなどを考える大きなヒントを得ていただきました。

・ページの先頭へ戻る

  売上アップ  業務改善  コスト削減

【事例 4】 プレゼントキャンペーン事務局運営の事例

課題

  • キャンペーンを円滑に実施したい。
  • 社内に事務局を担当できる人員がいない
  • 事務局運営のコスト負担を抑えたい

成果

  • キャンペーンを無事に遂行できた。
  • クライアント様を一切煩わせることなく実施した。
  • コストを最小限に抑えることができた。

■ 課題

ある大手飲料メーカー様では、お客様へのプレゼントキャンペーンを企画されました。商品に貼付されたシールを集めて、ハガキに貼って応募すると、抽選により賞品が当たるという企画でしたが、その事務局を自社内に開設することが人的にもコスト的にも困難でした。

■ アプローチ及び成果

アイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、同キャンペーン事務局を運営。お客様からの電話応対だけでなく、ハガキの回収からデータ入力、そして賞品発送までを一貫して請け負いました。電話応対については、問合せ内容を日報・週報で詳細に報告し、飲料メーカー様ときめ細かい連携を行うことで安心感のある運営を進めました。
結果、飲料メーカー様に一切手間をおかけすることなく、最小限のコストで、3ヵ月にわたるキャンペーンを完了することができました。

・ページの先頭へ戻る

  売上アップ  業務改善

【事例 5】 テレコミュニケーターの人材派遣の事例

課題

  • 急に優秀なテレコミュニケーターが必要になった。
  • 自社で技能を持った人材を探すことが難しい
  • 最小限の導入研修で済む人材がほしい。

成果

  • 短期間で候補となる人材を手配できた。
  • 当社の豊富な人材の中から、最適な人材を選抜できた。
  • 派遣後すぐに電話受付が可能で、即戦力となった。

■ 課題

某大手パソコンメーカー様では、従来、自社内に修理受付やテクニカルサポートのコールセンターを設置してカスタマーサービスを実施されていました。しかし、東日本・西日本にあった拠点を1箇所に統合することになり、実務経験が豊富で優秀なコールセンタースタッフが急遽必要となりました。

■ アプローチ及び成果

アイ・エヌ・ジー・ドットコムでは、至急に人材派遣を実行。当社内のコールセンターにおいて3年間の電話応対実務経験を積んだ、プロフェッショナルなテレコミュニケーターをパソコンメーカー様へ派遣しました。
その結果、派遣先では、現場で必要となる業務知識をレクチャーしていただくだけでデビューが可能となり、派遣後すぐに電話受付を行いました。これにより、クライアント様の手間を大幅に省くことができました。

・ページの先頭へ戻る